ペット保険についてのWebサイト「ペット保険をどう選ぶ」

ペット保険の選び方

ペット保険ペットを飼われている方が増加の一途を辿っていますが、その大切な家族が病気になった場合、悲鳴をあげたくなるのが、保険の利かない医療費ですよね。ペットは自由診療になるので全額自己負担となるために、ばかにならないものです。家計の負担を減らすためにも、注目を集めているのがペット保険になります。ペット保険にも、海外のものから国内の保険まで、様々にあります。どのようにペット保険を選んだらいいのか見ていくことにしましょう。
ペット保険に加入すると、診察料の割引や医療費の一部が後日払い戻しされます。ペット保険の種類には、定率補償タイプと実額補償タイプの2種類があります。定率補償タイプは、ケガや通院、入院などの補償内容が、決められた定率内で給付が補償されます。実額補償タイプは、規定額内で費用の全額を給付してくれます。どちらも通院の回数に制限はありませんが、年間の補償金額に制限があります。まずかかりつけの動物病院が、保険を適応しているかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。ペット保険は、健康な時は不要なものと思いがちですが、いざ病気になった時に入っておけば良かったと後悔するものです。
ペット保険は、掛け金・給付率・補償内容などを良く考慮して選ぶようにしましょう。掛け金は安ければ安いほど良いですがそれ相応に補償内容が悪いことが多く、保険の意味が余り果たせないこともあります。最低でも手術や入院にも使えて終身医療タイプであること、慢性の病気にも継続して補償がされるもの、この3つのポイントを押さえたものが良いでしょう。どのような病気になるかは分からないので、入院や通院などの日数制限がないものを選ぶようにしましょう。ペットの体質により、掛かりやすい病気があるものです。せっかく加入しても補償対象外で審査に通らずに治療費を自己負担なんてことにならないように、補償内容を良く調べて加入しましょう。これらの条件を満たした保険は多少掛け金が高くなりますが、補償を取るか金額を取るか良く懐と相談してみましょう。保険料は、ペットの年齢や種類によっても異なるので、まず査定を依頼して比較してみましょう。

Copyright(C) ペット保険をどう選ぶ All Rights Reserved.